2010年10月01日

あき!

国分寺大人倶楽部第7回公演「ストロベリー」おわりました。なんと毎ステ満員御礼。すっごい感慨深い。第4回公演「ハローワーク」から(正確には3回公演「メリー」の制作からか)関わらせていただいていて、こんなにお客さんでいっぱいの中、国分寺のお芝居が出来るなんて、ほんとうにほんとうに素敵なことだよー。嬉しい。
座組みの面子もすっごく賑やかでたのしくて、一緒になってはしゃいだり、はしゃいでいるところを遠くから眺めてほっこりしたり。そしてやっぱり国分寺の現場は阿呆ほどお酒を飲んでしまうのだな、あたし。何故毎回学習しないのか。まあいいんだ、たのしかったから。
とりあえず、夏おしまいっ。あまずっぱかったぜ。

つぎは、ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」再演。
去年の夏に眼科画廊でやって、稽古中からこれきてるきてるってみんなでなって、でも全然宣伝してなかったから最初のほうお客さん全然入んなくて、死ぬ気で宣伝して、結果、すごくたくさんのひとに愛してもらえたあいつを、またおんなじ場所でやれるなんて、ちょうごきげんだよ!てな感じで稽古しておるのですが、あのときの感覚を思い出して懐かしいたのしいってなるのと同時に、あのころよりもっともっと圧倒的に、もっともっと挑戦的にみたいな思いもみんなあって、それがどういうかたちでお客さんの前に表れるのかが想像つかなくてわくわく。ほんとたくさんのひとにみにきてほしいです。席数すくないんだけども。とかたいそうなこといってるけど、作品自体はすっごくこぢんまりとした、シンプルなものなので、気楽に気負わず、旅行気分で。
そうそう、旅公演あるのです。京都です京都。ロロのみんなと京都にいくの。すごくない?絶対たのしくない?れなさんれいちゃんと毎日お酒飲んではんなりするんだー。観光もするんだー。そういえば高校の修学旅行で京都いったときに、自由行動で舞妓さん体験なるものをしたんだけど、あたしの白塗り&和装がまじエグいほど似合わなくて自分で引いた記憶があるなあ。写真実家に残ってるなあ。ネタになるから今度実家帰ったとき探してみよう。どこにしまったんだっけあれ。

以下、公演の詳細です。1ステージ25名程しか入れませんので、ご予約是非お早めに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


「いつだっておかしいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」

  小学生の恋の話と運命に抗おうかな、どうしようかなって悩んでる人の話。
  2009年7月に上演し大好評を博したロロのマテリアルを初再演!
  そしてはじめての旅公演、京都に行ってきます!!

 【脚本・演出】 三浦直之

 【出演】 亀島一徳 篠崎大悟 望月綾乃 北川麗 小橋れな 崎浜純 多賀麻美 三浦直之

 【スタッフ】 照明/板谷悠希子 音響/池田野歩 舞台監督/鳥養友美 宣伝美術/玉利樹貴
制作助手/幡野萌 制作/坂本もも


--------------------------------------------------------------------------------

≪メッセージ≫

 ピュア&ナイーヴと、屈折&屈託が、なぜだか矛盾せずに同居しているのが、現代ニッポンの若人の特長(のひとつ)だと僕は思っているのだが、演劇という表現フォームにおいて、ロロほどそんな傾向を鮮やかに表している存在はいないだろう。
 現代口語演劇世代(青年団、遊園地再生事業団など)、超口語世代(チェルフィッチュ、五反田団など)、演劇Ver2.0世代(ままごと、快快など)よりも更に若い世代に属する三浦直之は、それら先行世代へのリスペクトをしっかりと踏まえた上で、彼と彼の仲間たちの物語を、彼らにしか出来ないやり方で、明るく愉しく賑やかに、そして優しく柔らかく繊細に、奏でようとしている。
 それはたぶん、演劇と呼ばれるものが、その「外部」へと、何度目かの旅を旅立とうとしている、ひとつの先駆けであるのかもしれないと、僕は密かに思っている。
 諸刃の剣である若さと青さを武器に、ガシガシ突き進んで貰いたい。
                                                                   佐々木敦(HEADZ/エクス・ポ)


--------------------------------------------------------------------------------

■東京公演■

【日程】 2010年10月17日(日)〜24日(日)

【会場】 新宿眼科画廊 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 TEL/FAX:03-5285-8822

【タイムスケジュール】
      17日(日)19:30
      18日(月)19:30
      19日(火)14:00☆/19:30
      20日(水)14:00☆/19:30
      21日(木)休演日
      22日(金)14:00☆/19:30
      23日(土)14:00/19:30
      24日(日)14:00/19:30
         ☆・・・平日マチネ割引実施

【チケット】 一般・当日共に2500円 平日マチネ割引2000円

【ご予約】 http://ticket.corich.jp/apply/23209/006
--------------------------------------------------------------------------------
 
■京都公演■
KYOTO EXPERIMENT フリンジ “HAPPLAY ”参加

【日程】 2010年11月2日(火)〜3日(水・祝)

【会場】 アトリエ劇研 〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1 TEL/FAX:075-791-1966

【タイムスケジュール】
   2日14:00☆/19:00
   3日(水)13:00/18:00
        ☆・・・初回割引実施

【チケット】予約2000円/当日2300円
      初回割引・一律1500円 演劇祭セット券(詳細近日公開)
posted by popoano at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。