2010年10月01日

あき!

国分寺大人倶楽部第7回公演「ストロベリー」おわりました。なんと毎ステ満員御礼。すっごい感慨深い。第4回公演「ハローワーク」から(正確には3回公演「メリー」の制作からか)関わらせていただいていて、こんなにお客さんでいっぱいの中、国分寺のお芝居が出来るなんて、ほんとうにほんとうに素敵なことだよー。嬉しい。
座組みの面子もすっごく賑やかでたのしくて、一緒になってはしゃいだり、はしゃいでいるところを遠くから眺めてほっこりしたり。そしてやっぱり国分寺の現場は阿呆ほどお酒を飲んでしまうのだな、あたし。何故毎回学習しないのか。まあいいんだ、たのしかったから。
とりあえず、夏おしまいっ。あまずっぱかったぜ。

つぎは、ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」再演。
去年の夏に眼科画廊でやって、稽古中からこれきてるきてるってみんなでなって、でも全然宣伝してなかったから最初のほうお客さん全然入んなくて、死ぬ気で宣伝して、結果、すごくたくさんのひとに愛してもらえたあいつを、またおんなじ場所でやれるなんて、ちょうごきげんだよ!てな感じで稽古しておるのですが、あのときの感覚を思い出して懐かしいたのしいってなるのと同時に、あのころよりもっともっと圧倒的に、もっともっと挑戦的にみたいな思いもみんなあって、それがどういうかたちでお客さんの前に表れるのかが想像つかなくてわくわく。ほんとたくさんのひとにみにきてほしいです。席数すくないんだけども。とかたいそうなこといってるけど、作品自体はすっごくこぢんまりとした、シンプルなものなので、気楽に気負わず、旅行気分で。
そうそう、旅公演あるのです。京都です京都。ロロのみんなと京都にいくの。すごくない?絶対たのしくない?れなさんれいちゃんと毎日お酒飲んではんなりするんだー。観光もするんだー。そういえば高校の修学旅行で京都いったときに、自由行動で舞妓さん体験なるものをしたんだけど、あたしの白塗り&和装がまじエグいほど似合わなくて自分で引いた記憶があるなあ。写真実家に残ってるなあ。ネタになるから今度実家帰ったとき探してみよう。どこにしまったんだっけあれ。

以下、公演の詳細です。1ステージ25名程しか入れませんので、ご予約是非お早めに。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


「いつだっておかしいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」

  小学生の恋の話と運命に抗おうかな、どうしようかなって悩んでる人の話。
  2009年7月に上演し大好評を博したロロのマテリアルを初再演!
  そしてはじめての旅公演、京都に行ってきます!!

 【脚本・演出】 三浦直之

 【出演】 亀島一徳 篠崎大悟 望月綾乃 北川麗 小橋れな 崎浜純 多賀麻美 三浦直之

 【スタッフ】 照明/板谷悠希子 音響/池田野歩 舞台監督/鳥養友美 宣伝美術/玉利樹貴
制作助手/幡野萌 制作/坂本もも


--------------------------------------------------------------------------------

≪メッセージ≫

 ピュア&ナイーヴと、屈折&屈託が、なぜだか矛盾せずに同居しているのが、現代ニッポンの若人の特長(のひとつ)だと僕は思っているのだが、演劇という表現フォームにおいて、ロロほどそんな傾向を鮮やかに表している存在はいないだろう。
 現代口語演劇世代(青年団、遊園地再生事業団など)、超口語世代(チェルフィッチュ、五反田団など)、演劇Ver2.0世代(ままごと、快快など)よりも更に若い世代に属する三浦直之は、それら先行世代へのリスペクトをしっかりと踏まえた上で、彼と彼の仲間たちの物語を、彼らにしか出来ないやり方で、明るく愉しく賑やかに、そして優しく柔らかく繊細に、奏でようとしている。
 それはたぶん、演劇と呼ばれるものが、その「外部」へと、何度目かの旅を旅立とうとしている、ひとつの先駆けであるのかもしれないと、僕は密かに思っている。
 諸刃の剣である若さと青さを武器に、ガシガシ突き進んで貰いたい。
                                                                   佐々木敦(HEADZ/エクス・ポ)


--------------------------------------------------------------------------------

■東京公演■

【日程】 2010年10月17日(日)〜24日(日)

【会場】 新宿眼科画廊 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11 TEL/FAX:03-5285-8822

【タイムスケジュール】
      17日(日)19:30
      18日(月)19:30
      19日(火)14:00☆/19:30
      20日(水)14:00☆/19:30
      21日(木)休演日
      22日(金)14:00☆/19:30
      23日(土)14:00/19:30
      24日(日)14:00/19:30
         ☆・・・平日マチネ割引実施

【チケット】 一般・当日共に2500円 平日マチネ割引2000円

【ご予約】 http://ticket.corich.jp/apply/23209/006
--------------------------------------------------------------------------------
 
■京都公演■
KYOTO EXPERIMENT フリンジ “HAPPLAY ”参加

【日程】 2010年11月2日(火)〜3日(水・祝)

【会場】 アトリエ劇研 〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1 TEL/FAX:075-791-1966

【タイムスケジュール】
   2日14:00☆/19:00
   3日(水)13:00/18:00
        ☆・・・初回割引実施

【チケット】予約2000円/当日2300円
      初回割引・一律1500円 演劇祭セット券(詳細近日公開)
posted by popoano at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

ひさびさ

ひさびさにブログをかきます。ずっとさぼっていました、すみません。
前に書いたのが旅、旅旅の稽古中だから、もう三ヶ月以上更新していなかったのか。そのあいだにものすごい量のえろいコメントがついている…!

ロロ「ボーイ・ミーツ・ガール」がおわりました。ついったーですごい話題になってて、毎日「なんだろうね、こわいね…」ってみんなでずっといってました。
打ち上げでちょっとはなしたけど、みうらくんがやってることはべつに「LOVE」らへんのときからかわってなくて、みんなのたち方もかわってなくて、それなのにこんなに評価されてるということはなんなのだ、みにきたひとの見方がかわったということなのかしら、それとも、自覚してないとこでうちらはかわっているのかしら。かわってるとしたらそれはどういうとこなんだろうか。とかとか
なんかこんなこと書くと、天然ぽくふるまってかっこつけてんじゃねえよほんとは嬉しいくせにとか言われそうですね。はい、嬉しいです!みんなが面白いっていってくれて、すごい嬉しい!お客さまがたくさん入ってくれてすごい嬉しい!評価されて、すごい嬉しい!やったーーーー!やったよーーーーー!
個人的には猫背を褒められたり直しなさいといわれたり、もっと傲慢になりなさいといわれたり。そんな意見をくださる方たちに対して、わたしはただただ慣れていないという理由だけでとても失礼な対応をしてしまったのではないかと今更ながら反省して毎日お布団のなかで悶えております。棒立ちで虚ろな目で「はい…はい…」と相槌を打つことしかできず、めちゃくちゃに回転している頭の中を1パーセントも外に出せず、できたのは灰皿を山盛りにすることだけでした。うわーん、もっと器用になりたい。もしくは、もっと傲慢になれというのはそういうとこなのか。

次のロロは、10月中旬に新宿眼科画廊で「いつだっておかしいほど〜」の再演です。そのあと京都にもってきます。すごくすきな作品なので、嬉しいしたのしみ。はじめての旅公演。

そのまえにもういっこ舞台に出ます。ずっと出てる、国分寺大人倶楽部。これもロロと一緒で、15ミニッツメイドでやった作品の長編化。

国分寺大人倶楽部
第7回公演
佐藤佐吉演劇祭2010参加作品
『ストロベリー』

脚本・演出 河西裕介

--------------------
夏の終わり。
僕たちは、夏だけが使える魔法にかかっていたのかもしれない。

あの娘の右手。ずっとつないでいたかった。
あいつの笑顔。太陽よりもまぶしかった。

海、花火、恋。そこには青春の全てがあった―――

国分寺大人倶楽部が贈る「男女9人夏物語」。
甘くて酸っぱい、恋とか愛とかのお話です。
--------------------

【出演】
後藤剛範 大竹沙絵子 望月綾乃(ロロ) 加藤岳史(ジャズ) 佐々木潤 坂倉奈津子 深谷由梨香(柿喰う客) 梅舟惟永(ろりえ) 金丸慎太郎(国道五十八号戦線/贅沢な妥協策) 中村卓也(プレステージ) 守美樹(T1project) 林竜三 芳野裕美 河西裕介

【会場】
王子小劇場
(JR王子駅より徒歩5分)

【日時】
2010年9月23日(木・祝)〜27日(月)

23(木)14:30★/19:30★
24(金)19:30★
25(土)14:30☆/19:30
26(日)14:30/19:30
27(月)14:30★/19:00
☆の回は、託児サービスがあります。
★の回は、終演後、おまけ作品『田中マルクス邦衛』(約10分)を上演します。

※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。


【チケット<日時指定・全席自由>】
前売:2800円 
当日:3000円
中高生:20円(枚数限定、前売のみ、要学生証)
シルバー:20円(枚数限定、前売のみ、要証明書)
※シルバーチケットは60歳以上のお客様が対象です。



そういえば家に蝉の死骸がおちてました。びっくり。なんで…?
posted by popoano at 14:10| Comment(29) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

あれれれ

相手役のこが何日か稽古にこれないため、必然的に稽古おやすみになる。この暇をどう持て余したらいいものか、さっぱりさっぱりわからん。ちょうど良くバイトもなくどうしていいものやら。誰か遊んでくださいまじで。

先日このブログでダイエット宣言をした私ですが、昨日お父さんと二人で秩父にお出かけし、食べに食べ、きょう帰ってきて体重計に乗ったら、あれです、もう、とんでもなく恐ろしいことになっていました。ええええええええ、人間一日でこんな増えるもんかね、神秘、神秘!ってな具合に、まあそれは順調に数日前の誓いを裏切る結果となってしまいました。思えばダイエット宣言のブログを更新して、ひとっ風呂浴びてツイッターを覗いてみると、なにやら『ayanodiet』のハッシュタグがついたツイートがちらほら。犯人は言わずもがなの彼なんですがね(彼は本人より私の体重の変化に敏感で、マジで久しぶりに会うたびにびくびくする)。フォロワーが一気に5人ぐらい増え、なんという祭り上げだこりゃ、と愕然としたものですが、しかし、ちょっとでも私のダイエットに触れたツイートをしてくださった方々全てのひとにお詫び申し上げたい。すみません、太りました。あなたの愛を、気持ちを無碍にしてしまう日がこんなにも早く訪れるとは。
しかし言い訳をさせていただくと、昼食に頂いた秩父の打ちたて蕎麦がまあとんでもなく美味しかったわけで、夕食に頂いたパスタやら生ハムやらチーズやらワインやらがもうアホなのかってぐらい美味しかったわけで。しょうがないじゃん!しょうがないでしょ?ねえねえー
まあ、転んでも起き上がりますからねあたしはっ。負けませんからねっ。さっき免罪符のごとく近所をランニングしました。アイポッドで音楽垂れ流しながら(爆音)。今日からまた再開です。引くほど痩せてやる。げっそげそになってやる。悔しいから。

今日はこれからエレファントムーンみにいきます。なんかどきどきする。楽しみ。
posted by popoano at 15:55| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。